模型

ワンルームマンション投資して安定収入を得るコツ

これから投資を始めるなら

模型とお金

物件スタイルを把握しよう

これから大阪で不動産投資を始めるために、収益物件の購入を検討している場合は、個々の物件スタイルを把握しておくことが大切です。収益物件には住宅物件をはじめ、事業者向け物件やテナント物件などがあります。いずれの物件も大阪には数々ありますので、希望のタイプを探すと良いでしょう。先ず住宅物件ですが、これはアパートやマンションなどの物件であり、比較的低価格帯からでも購入できる収益物件です。一方、事業者向け物件は、企業の事務所などに適したオフィスビルを指します。そしてテナント物件は、商店や飲食店などの店舗に最適な物件ですが、倉庫として用いられる場合も少なくありません。ここで重要なことは、どのスタイルの物件でも、収益率が優れている物件の方がローンの審査に通りやすいという点です。このため融資を前提としている場合は、利回りの良い良い物件を選ぶことがコツとなっています。

けっこう異なる個々の特性

住宅物件は大阪の中でも豊富にある収益物件ですから、お求めやすい価格と併せて、初めての不動産投資をこの物件からスタートすることも多くなっています。借り手が個人であることも、始めやすいポイントと呼べるでしょう。ただし入居者の入退室が頻繁に生じる場合もあり、それに対する空き室対策を十分に行うことも大切な物件です。それに対しまして、事業者向け物件は入居者が法人になりますので、長期間継続して入居し続けてくれる傾向があります。ですから先々までコンスタントに収益が望める物件です。一方、テナント物件も法人同様に長期的な入居を期待できますが、店舗の経営状況などにより、店を閉めるケースも見られます。大阪で収益物件をこれから探す場合は、それらの特性も考慮に入れて検討してみてください。